So-net無料ブログ作成
検索選択

桐五重奏団は40周年を迎えました。

0925omoteweb.jpg

共に桐朋学園に学んだメンバー、1974年結成
桐五重奏団は日本初の室内楽コンクール(1974年/主催:民音)出場を機に結成、本年40周年を迎え、9月25日浜離宮朝日ホールにて記念演奏会を行います。

斎藤秀雄先生に呼び集められ
弘中を始めとする5人のメンバーは、74年5月斎藤秀雄先生の元に呼び集められ、クィンテット結成を促されました。当初のメンバーは、久保陽子(第一ヴァイオリン)、永田邦子(第二ヴァイオリン)、店村眞積(ヴィオラ)、藤原真理(チェロ)、弘中孝(ピアノ)。

桐五重奏団の名前は
桐朋学園にちなんだものであるが、コンクール出場の申し込み書記入時に、メンバーで和気あいあい決めたもの。しかしコンクールに向かって準備中、病気療養中であった齋藤先生はコンクールの結果も、その後の活動を見守ることもなく天国に召された。コンクールの結果は第二位、特別賞として斎藤秀雄賞を受賞。ちなみに第一位は、バルトークを暗譜で演奏した山崎伸子氏らのクァルテットであった。

メンバーの変遷
結成時のメンバーは弘中、久保、店村の3名。第二ヴァイオリンは、永田邦子、恵藤久美子を経て中村静香に、チェロは藤原真理、安田謙一郎を経て、毛利伯郎に。現在のメンバーとなってからも25年ほど経過している。

40年間の活動
桐五重奏団は、当初は毎年、しばらくして隔年になったが定期演奏会を開催、現在に至る。昨年9月18日(奇しくも斎藤先生のご命日)に第25回を開催、今年は第26回となります。これまで主に文化会館小ホールを主な会場として定期演奏を続けてきた。桐五重奏団とそれぞれ個人としての演奏活動(50年を越えるものも)を振り返りつつ、40年という年月が斎藤先生亡き後の40年(40回忌?)に重なることを感慨深く受け止めています。

40周年記念演奏会
期日 2014年9月25日(木)19時開演
会場 浜離宮朝日ホール
出演 弘中孝pf 久保陽子vn 中村静香vn 店村眞積va 毛利伯郎vc
演奏曲目
シューマン ピアノ五重奏曲op.44
フランク ピアノ五重奏曲 ヘ短調

全席自由一般4000円/学生2000円 チケットぴあ好評発売中
ご予約・お問合せ オフィスアルシュ03-3565-6771
朝日ホールチケットセンター03-3267-9990


桐五重奏団 CD
サン=サーンス:ピアノピアノ五重奏曲 /フランク:ピアノ五重奏曲
MM-1102マイスターミュージック 2001年
----------------------------------------------------------------
profile

弘中 孝 (ひろなか・たかし)ピアノ
 6歳からピアノを始め、東貞一、井口愛子、井口基成の諸氏に師事。桐朋学園に学ぶ。1961年第30回日本音楽コンクール第1位、特賞ならびに安宅賞を受賞。その後ヴァン・クライバーン国際コンクール入賞。シフラ国際コンクール第1位、ロン=ティボー国際コンクール第4位入賞。1963年から1965年フルブライト給費留学生としてジュリアード音楽院に留学、S.ゴロニツキー教授に師事。1966年から1969年マルセイユ音楽院にてP.バルビゼ氏に師事。1969年より本格的な演奏活動に入り、国内外で活躍。オーケストラとの共演を始め、リサイタルや室内楽の分野でも、1974年結成した桐五重奏団を中心に充実した活動を展開している。また国際コンクールの審査員、音楽祭ディレクターを務めるなど多彩な活動を続けている。2013年3月まで東京音楽大学教授として後進の指導にあたる。2007年ソロCD「ブラームス:ピアノ作品集」2010年「ブラームス:ヘンデルの主題による変奏曲とフーガ、シューマン:交響的練習曲」をリリース、各方面より高い評価を得る。

久保陽子(くぼ・ようこ)ヴァイオリン
3歳より父の手ほどきを受け、その後、折田泉、村山信吉、J.イスナールおよび斎藤秀雄らに師事。1962年桐朋女子高等学校音楽科卒業、同年チャイコフスキー国際コンクール第3位入賞。1963年よりフランス政府給費留学生としてパリに留学しR.ベネデッティ、J.カルヴェに師事。1966年マルセイユ音楽院ディプロマコースを卒業、同時に名誉市民のメダルを授与される。1964年パガニーニ国際コンクール、1965年ロン=ティボー国際コンクールにて第2位。1967年からJ.シゲティに師事。その後クルチ国際コンクール第1位。ソリストとして世界的な演奏活動をする他、ピアニスト弘中孝と共に桐五重奏団、久保陽子トリオまたジャパン・ストリング・クヮルテットを主宰するなど室内楽奏者としても活躍中。2011年3月まで東京音楽大学教授として後進の指導にあたる。これまでにCD『J.S.バッハ/無伴奏ヴァイオリン・ソナタとパルティータ全6曲』、『ブラームス/ヴァイオリンとピアノのためのソナタ全3曲』、『ベートーヴェン/ピアノ・トリオ第7番大公、ブラームス/ピアノ・トリオ第1番』、『パガニーニ:カプリース全24曲』をリリース、いずれも高い評価を得ている

中村静香 (なかむら・しずか)ヴァイオリン 
桐朋女子高等学校音楽科を経て、桐朋学園大学音楽学部卒業。全額スカラシップを受けアスペン音楽祭に参加。文化庁芸術家派遣在外研修員として、ジュリアード音楽院に留学。第52回日本音楽コンクール第一位。及び増沢賞、レウカディア賞、黒柳賞受賞。第29回海外派遣コンクール特別表彰。第3回日本国際音楽コンクール入賞。故・鷲見三郎、海野義雄、小林健次、川崎雅夫、D.ディレイの各氏に師事。
1994年より1999年まで、旧奏楽堂に於いてベートーヴェン・ヴァイオリン・ソナタ全曲連続演奏会全10回を開催、併せて邦人作曲家の作品も積極的に紹介する。これまでに、NHK交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、東京都交響楽団等、各オーケストラと共演し、各地の音楽祭にも出演している。ヴィオリストとしては、2003年に大垣音楽祭でソロ・デビューを果し、最近ではヴィオリストとしても活躍の場を広げている。また、2年に1度開く自主企画のリサイタルでは、ヴァイオリン曲とヴィオラ曲を織り交ぜるなど、意欲的なプログラムを展開している。CDは、「シューベルティアーデ~寺嶋陸也とともに~」(ART-3125)、「シューベルティアーデ~ふたたび(ピアノ:深澤亮子)」(ART-3131)がリリースされている。現在、水戸室内管弦楽団、サイトウ・キネン・オーケストラのメンバー。ソロ、室内楽で活躍している他、東京音楽大学准教授、フェリス女学院大学非常勤講師として後進の指導にもあたっている。

店村眞積 (たなむら・まづみ)ヴィオラ
京都に生まれる。6歳よりヴァイオリンを始め、東儀祐二、鷲見三郎、江藤俊哉の諸氏に師事。学生コンクール、日本音楽コンクールなど受賞歴を重ね、桐朋学園大学を経て、イタリアに渡り、イタリア弦楽四重奏団のヴィオラ奏者であったP.ファルッリ氏に師事。その後、指揮者R.ムーティ氏に認められ、フィレンツェ市立歌劇場(オーケストラ・デル・マッジョ・ムジカーレ・フィオレンティーノ)の首席ヴィオラ奏者となる。ジュネーヴ国際音楽コンクールヴィオラ部門第2位入賞。以後帰国するまで、ヨーロッパ各地でソリスト及び室内楽奏者としても活躍。フィエーゾレ音楽祭、ジュネーヴ音楽祭など多くの音楽祭にも招かれ、また桐五重奏団とヨーロッパツアーを行っている。一方、ソリストとして、読売日本交響楽団、NHK交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、札幌交響楽団、パイヤール室内管弦楽団などと共演。また、サイトウ・キネン・フェスティバル松本、霧島などの音楽祭の常連であり、サイトウ・キネン・オーケストラ、水戸室内管弦楽団のコアメンバーでもある。さらに、ヴィオラの祭典「ヴィオラ・スペース」への出演を始め、日本を代表するヴィオラ奏者として、室内楽やソロの分野でも幅広い活躍を展開、CDも数多くリリースしている。読売日本交響楽団ソロ首席ヴィオラ奏者、NHK交響楽団ソロ首席ヴィオラ奏者を歴任。現在、東京都交響楽団特任首席ヴィオラ奏者。京都市交響楽団首席ソロヴィオラ奏者。桐朋学園大学非常勤講師。東京音楽大学教授。

毛利伯郎(もうり・はくろう) チェロ
10才よりチェロを始める。上原与四郎氏、桐朋学園、ジュリアード音楽院で青木十良、H.シャピロ両氏に師事。室内楽をR.マン、S.ローズ、F.ガリミア諸氏に師事。ジュリアード在学中より、ニューヨークを中心として演奏活動を開始。ワシントンD.C.ケネディーセンターのシアター・チェンバー・プレイヤーズのメンバーとして、又、シークリフ・チェンバー・プレイヤーズ、カンティレナ・ピアノカルテットなど数多くのグループのメンバーとしてコンサート、レコーディングなど多彩な活動をするかたわら欧米各地の音楽祭に数多く出演。ニューヨーク、フィラデルフィア、インディアナの各地で後進の指導にも意欲的に当たる。1985年帰国、読売日本交響楽団ソロチェリストに就任。東京ピアノ・トリオ、ATMアンサンブル、水戸カルテット、ナーダ、その他多くのシリーズのメンバー、ゲストとして出演、好評を博す。桐朋学園大学教授。


HOME CONCERT TOPIC KUBOYOKO STORY