So-net無料ブログ作成
検索選択
- | 次の10件

久保陽子ヴァイオリンコンサート(無伴奏)

※小さな会場のため既に満席となっている日があります。下記のHPからご確認の上ご来場ください。

■ 久保陽子バイオリンコンサート
2013年4月2日(火)〜4月7日(日)(全6回)
会場 東京バイオリントレードセンター 
文京区小石川2-2-13 ザ・パークハウス小石川後楽園1F
詳細は↓
http://www.bunkyo-gakki.com/newsandblog/news/


HOME CONCERT TOPIC KUBOYOKO STORY

ジャパン・ストリング・クヮルテット2013

3月の2公演、好評発売中!

◆ジャパン・ストリング・クヮルテット コンサート
2013年3月15日(金)14:00開演
大阪 ザ・フェニックスホール
http://phoenixhall.jp/
弦楽四重奏の「バイブル」=ベートーヴェンを追い、究める。
わが国を代表するソリストと、アンサンブルの名手でつくるハイブリッドなグループ。
フェニックス登場第15回の節目も、「ライフワーク」のベートーヴェンを取り上げる。
弦楽四重奏の教育事業「フェニックス・オーサカ」もお楽しみに。

◆ジャパン・ストリング・クヮルテット 名曲コンサートvol.4
2013年3月23日(土)15:00開演
横須賀芸術劇場 小ホール
http://www.yokosuka-arts.or.jp/kouen/5503230/index.html

<変更曲目>
ハイドン 弦楽四重奏曲 第39番 ハ長調『鳥』op.33-3
                ↓
モーツァルト 弦楽四重奏曲 第12番 変ロ長調 K.172


HOME CONCERT TOPIC KUBOYOKO STORY

5/12津田ホールにて

久保陽子ヴァイオリンリサイタル
2012年5月12日(土)
津田ホールにてリハーサルの様子

20120512003.jpg
ピアノの百武恵子さんと入念な打ち合せ

20120512001.jpg
20120512002.jpg

■プログラム
クライスラー:プニャーニの様式による前奏曲とアレグロ
ヴィエ二アフスキ:華麗なるポロネーズ 第1番、レジェンド op.17
パガニーニ:24のカプリスより 第1番、第19番、第24番
サンサーンス:序奏とロンドカプリチオーソ op.28
バッハ:パルティータ 第3番 BWV1006
サンサーンス:ハバネラ
フバイ:そよ風 op.30-5
サラサーテ:ツィゴイネルワイゼン op.20

大学女性協会(主催)の方から感想が届きました。
「円熟の演奏に感動したという声がしきりに聞かれ、
ほんとうにうれしいことです。研鑽をつみながら一筋の道を歩むということが
どんなことか、多くの者が熱演を通して考え、心を打たれたのだと想います。」


HOME CONCERT TOPIC KUBOYOKO STORY



久保陽子/北の大地美術館ミニコンサート2012春夏

久保陽子 無伴奏ヴァイオリン ミニコンサート
2012春夏シーズンがスタートしました。
於[中札内]北の大地美術館

演奏時間:期間中毎日14:00から(40分程度)
期間:5/15-5/25、6/5-7/6
入館無料

演奏曲目:
J.S.バッハ/無伴奏ヴァイオリンソナタ&パルティータより
パガニーニ/24のカプリースより 他

kuboyoko0011.jpgphoto/Eiji Shinohara


■北の大地美術館(中札内美術村)
北海道河西郡中札内村栄東5線
http://www.rokkatei.co.jp/facilities/index.html 

HOME CONCERT TOPIC KUBOYOKO STORY

橿原神宮ミニコンサートが産経ニュースに

橿原神宮にて昨秋より行っているミニコンサート「神宮の森サロン・コンサート」が
産経ニュースに紹介されました。

http://sankei.jp.msn.com/west/west_life/news/120114/wlf12011411270005-n1.htm

1547b.jpg

HOME CONCERT TOPIC KUBOYOKO STORY

「第37回木曽音楽祭」自然が作り出す幸福な楽興

「第37回を迎えた木曽音楽祭は、日本の夏の音楽祭の草分け的存在だ。地元の人々が運営し、会場前の草原には特産品を売るテントが並び、ピクニックついでの感覚で演奏会が聴ける。しかもその水準は驚くほど高い。3日間の日程の2日目を聴く(8月27日、長野県の木曽文化公園文化ホール)。

 出演は野島稔、久保陽子、加藤知子、漆原啓子といった名の知れたソリストから、まだ20代の若手まで。「自在に遊べる」ということまで含めた、本物の名人芸の持主ばかりだ。
 前半はドボルザークの弦楽三重奏曲とフランセの八重奏曲。前者における当意即妙な音程のたわみ、後者の丁々発止の洒落た音の会話は、極上の愉悦に満ちている。すべてはあうんの呼吸で運ばれ、至る所で即興の喜びが弾ける。演奏者たち自身が幸福そうに音楽を奏でているのを見るほど楽しいことはない。もし同じメンバーだったとしても、それが東京のような大都会のホールで果たしてこういう音楽が可能だろうか、と思わず考える。都会の喧噪から遮断された人工的な空間に押し込められるのではなく、自然環境が作り出す満ち足りた生の一部としての音楽が、ここにある。

 後半は大ベテランの野島と久保がひっぱるブラームスのピアノ四重奏曲第3番。オーソドックスそのものの重厚な楷書体アプローチ。頭が下がるほかない真摯さ。これほど巨大なブラームスはなかなか聴けない。さりげないフレーズ一つにも、聴く者の襟を正されるようなたたずまいが、人生の知恵と経験と深い思いが、そして今ここでそれを奏でられる喜びが宿っている。聴くにつれ、この音楽にお別れしなければいけないことが切なくなってくるほど、それは気品と幸福に満ちた楽興の時であった。」
                                (岡田暁生・音楽学)
                             朝日新聞 9/5(月)夕刊 より


HOME CONCERT TOPIC KUBOYOKO STORY

弘中孝CD ピアノ・ソロ-2 2011年10月発売予定

CDhironaka.jpg

弘中孝CD ピアノ・ソロ-2 
2011年10月発売予定

収録曲
シューマン:交響的練習曲 op.13
ブラームス:ヘンデルの主題による変奏曲とフーガ op.24

発売 KUBOYOKO
販売 有限会社レグルス


HOME CONCERT TOPIC KUBOYOKO STORY

コンサート記録2011

下記コンサートは好評の内に終了しました。

■ 2011.3月31日(木)
岡山 西大寺観音院 (奉納演奏)
■ 4月1日(金)
由加山・蓮台寺 (奉納演奏)
■ 4月2日(土)15:00, 18:30 
「黄金のクレモナ」岡山・ルネスホール
110402.jpg
■ 4月3日(日)14:00 
「黄金のクレモナ」瀬戸内市・ゆめトピア長船
110403.jpg
■ 4月4日(月)11:00 
醍醐桜コンサート 14:00~ 旧別所小学校体育館
■ 4月8日(金)
玉井宮東照宮 (奉納演奏)
---------------------------------------------------------------------

今後の演奏会予定はこちらをご覧下さい。
HOME CONCERT TOPIC KUBOYOKO STORY

北の大地美術館のミニコンサート

北海道、中札内 北の大地美術館のミニコンサート予定は
下記のように変更になりました
JSQ横須賀(6/25)、富山公演(6/29)のため6/21〜7/1までは休止。7/2より再開します。

1547b.jpg

■ 久保陽子 北の大地美術館ミニコンサート 
14:00より
5/11(水)~6/5(日)
6/13(月)〜6/20(月)
7/2(土)〜8/18(木) 
9/5(月)〜9/26(月) 10月以降未定
北の大地美術館 http://www.rokkatei.co.jp/facilities/
演奏予定期日は変更の可能性があります、事前にご確認くださるようお願い致します。
*久保陽子 公式ホームページ http://www.violin-kuboyoko.com
ブログ(久保/弘中コンサート) http://kubo-concert.blog.so-net.ne.jp/ 


HOME CONCERT TOPIC KUBOYOKO STORY

ジャパン・ストリング・クヮルテット公演延期に

JSQ名曲(表横須賀).jpg

Japan String Quartet
ジャパン・ストリング・クヮルテット公演は
この度の地震による事情のため延期になりました。

富山公演 3/18(金)→ 6/29(水)19:00 
富山市民プラザ アンサンブルホール
横須賀公演 3/21(祝・月)→ 6/25(土)15:00
横須賀芸術劇場 小ホール

今後のコンサート予定はこちらをご覧ください。
ブログ[久保/弘中コンサート]http://kubo-concert.blog.so-net.ne.jp/
-----------------------------------------------------------------
プログラム
ベートーヴェン:弦楽四重奏曲 第10番 変ホ長調 op.74 [ハープ] 
ヴェルディ:弦楽四重奏曲 ホ短調
チャイコフスキー:弦楽四重奏曲 第1番 ニ長調 op.11「アンダンテ・カンタービレ」
 
プロフィール
Japan String Quartet
1994年、国際交流基金による日本文化紹介派遣事業の一環として「クボ・クヮルテット」はフランスと中近東を巡演、各地で好評を博した。この成果をもとに翌95年「ジャパン・ストリング・クヮルテット」を結成。創立時からベートーヴェンの弦楽四重奏曲の全曲演奏を目的に掲げて研鑽を積み、95年から3年間計6回にわたり東京・津田ホールで定期公演を行い、演奏の模様がNHKで放映されるなど、多くの室内楽ファンの注目を集めた。2000年より再びベートーヴェンの魅力の新しい発見を目指し、弦楽四重奏曲全曲演奏に挑み始めた。この活動を主軸に、異なる作曲家の弦楽四重奏の名作にも取り組むなど意欲的な活動を続けている。

久保陽子(第1ヴァイオリン)
3歳より父の手ほどきを受け、その後、折田泉、村山信吉、ジャンヌ・イスナール、斎藤秀雄に師事。1962年桐朋学園女子高等学校音楽科卒業、同年チャイコフスキー国際コンクール第3位受賞。パガニーニ国際ヴァイオリン・コンクール、ロン・ティボー国際コンクールにてそれぞれ第2位入賞後、巨匠ヨーゼフ・シゲティに師事。クルチ国際コンクール第1位。弘中孝と共に桐五重奏団、久保陽子トリオ、ジャパン・ストリング・クヮルテットを主宰するなど室内楽奏者としても活躍中。これまでにCD『J.S.バッハ/無伴奏ヴァイオリン・ソナタとパルティータ全6曲』、『パガニーニ:カプリース全24曲』他をリリース、いずれも高い評価を得ている。

久合田緑(第2ヴァイオリン)
東京芸術大学付属高校を経て、同大学在学中にJ.D.ロックフェ ラー3世財団などのスカラシップを得て渡米。ジュリアード音楽 院、インディアナ大学で学ぶ。同大学卒業後帰国し、日本テレマン・ア ンサンブルのソリストとして活動した後、「久合田緑弦楽四重奏団」を 15年間主宰。東儀祐二、鷲見三郎、服部豊子、I.ガラミアン、 J.ギンゴールド、F.グッリ、I.スターンの各氏に師事。相愛大学教授、東京藝術大学講師を経た後、京都市立芸術大学教授を17 年間勤めた後、2010年4月から大阪音楽大学教授。

菅沼準二(ヴィオラ)
ヴァイオリンを岩崎洋三、ヴィオラを井上武雄に師事。東京芸術大学専攻科修了。巖本眞理弦楽四重奏団に長く在籍、ヴィオラ奏者としての力量を認められる。第7回毎日芸術賞、芸術祭賞、レコードアカデミー賞、第22回芸術選奨文部大臣賞、モービル音楽賞、その他受賞多数。1976年から90年までNHK交響楽団首席ヴィオラ奏者を務める。1989年第9回有馬賞受賞。現在、東京芸術大学名誉教授、沖縄県立芸術大学客員教授、オホーツク音楽祭in紋別ディレクター。

岩崎洸(チェロ)
11歳より斎藤秀雄に師事。桐朋学園高校を経て、アメリカのジュリアード音楽院に留学。レオナード・ローズ、ハーヴィー・シャピロ、パブロ・カザルスに学ぶ。ヤング・コンサート・アーティスト・オーディションをはじめとし、カサド、チャイコフスキーなどの国際コンクールに上位入賞。沖縄ムーン・ビーチ・ミュージックキャンプ&フェスティバルのディレクター、倉敷市文化振興財団音楽プロデューサーなどを務める。現在、桐朋学園大学院大学教授。



HOME CONCERT TOPIC KUBOYOKO STORY
- | 次の10件